妊婦・授乳ママにオススメのウォーターサーバー】

ウォーターサーバーも有効な安全策

 

福島の原発事故以来、妊活女性・妊婦・授乳ママの方で飲み水の放射性物質を警戒する方が増えられています。

 

放射能を被ばくすると、ガン・白血病になる危険があるほか、胎児では奇形・死産のリスクが高まります。

 

放射能の影響は幼い子供ほど受けやすいのです。

 

神経質になるのも当然ですね。

 

ウォーターサーバー導入を検討する大きな理由のひとつになっているのが、この放射性物質に対する自衛です。

 

大手はどこも放射性物質の自社検査をやっていて、結果をホームページに発表しています。

 

一つの有効な自衛策といえるでしょう。

 

ここでは、妊活女性・妊婦・授乳ママのために放射性物質に関する知識を簡単にまとめました。

 

放射性物質とは?

放射能を出しながら、別の物質に変化していく物質です。

 

原爆や原子力発電所の原子炉内での核分裂反応の時に発生します。

 

自然界の地中にもウランやラジウムなどが局所的に存在します。

 

半減期とは?

放射性物質ができた時と比べて、放つ放射能の量が半分になるまでの時間です。

 

ヨウ素131は8日、セシウム134は2年、ウラン235は7億年など、長さはバラバラです。

 

半減期の長い物質は放射能が消えるまでにとても時間がかかるわけで、事故で拡散すると恐ろしいです。

 

でも半減期が短くても、排泄されずに身体に取りこまれやすい物質は恐ろしいです。

 

組織の一部となり、そこから周囲の組織に放射能を浴びせ続けるからです。

 

ホットスポットとは?

原発事故などで広がった放射性物質は、基本的にはだんだん広がって薄まっていきます。

 

でも風向きや雨水の流れの関係で局所的に集まって、周囲に比べて異常に高い放射能が検出される場合があります。

 

これがホットスポットです。

 

事故現場からはるかに離れていて、周囲は全然放射能なんか検出されないのに、家の裏地でかなり放射能がある、といったことが起こりうるのです。

 

水源地のそばにホットスポットが発生していても、政府や自治体は情報をタイムリーに発表するとは限りません。

 

できる範囲でひとりひとりが放射能に対する自衛意識を持つべき時代になっていると言わざるを得ないですね。