粉ミルクには軟水が鉄則!

 

最近、ベビー用の粉ミルクを溶く際にミネラルウォーターを使うママが増えています。

 

もちろん東日本大震災・福島原発事故の後で、各地の水道水から乳児の飲用基準を超える放射性ヨウ素が検出されたことがきっかけです。

 

ただミネラルウォーターの場合は、ミネラルの含有量が多い「硬水」というものも広く販売されており、これはミルクに向かないので注意が必要です。

 

水の硬度というのは、ミネラル含有量を数値化したもので、簡単に言えば、ミネラルがちょっと入ってるのが軟水、めちゃくちゃたくさん入ってるのが硬水と思ってもらったら結構です。

 

日本乳業協会は、ミネラルは体に必要な栄養ではあるが、過剰に摂ると乳幼児には腎臓の負担になるので、ミルクには硬水を使用しないよう呼びかけています。

 

市販ミネラルウォーターの硬度

軟水 (硬度 0〜60)

ベビーミルク用に最適。
南アルプスの天然水(30) / クリスタルガイザー(38.2) / ボルヴィック(49.8)

中硬水 (硬度60〜120)

ベビーミルク用に最適ではない。
龍泉洞の水(97.0) / ティナント(102.2)

硬水 (硬度120〜180)

ベビーミルク用に不適。
黒部の氷筍水(139.7) / バルヴェール(177)

超硬水 (硬度180以上)

ベビーミルク用に不適。
ヴィッテル(309.2) / ペリエ(400.5) / コントレックス(1559)

ここでは世界保健機関(WHO)の分類に従いました。100以下を軟水、100〜300を中硬水、300以上を硬水と3区分している資料もあります。

 

日本産のミネラルウォーターは軟水か、硬水といっても大したことないので、ミルクに使ってもまあ大丈夫です。

 

くせ者はヨーロッパ産のおしゃれな銘柄。

 

美容にいい、芸能人も愛用してる・・・といった水は超硬水がメインで、それをよかれと思って赤ちゃんに使うのがアブナイのです。

 

こんなことに気を遣うのも面倒だし、ペットボトルのごみ処理も大変なので、ウォーターサーバーも検討してみていはいかがですか?

 

ウォーターサーバーの水の硬度一覧

アクアクララ RO水。水は1種類。 【硬度 29.7】
フレシャス 天然水。水は1種類 【硬度 21】
コスモウォーター

天然水。水は4種類から選べて、いつでも変えられる。 

  • 京都産「古都の天然水」 【硬度 30】
  • 大分産「日田の誉れ」 【硬度 62】
  • 静岡産「富士の響き」   【硬度 68】
  • 島根産「金城の華」   【硬度 83】